カラミざかりあらすじ

8話~あんたも罪な男だね。智乃は全部お見通し♪

第8話のタイトルは「あんたも罪な男だね。」です!

これは智乃のセリフです!そしてあんたとはみんなの嫌われ者貴史です。全部お見通しの智乃が大人びててカッコイイ回ですっ(笑)

▼画像タップで2巻もチェック▼


7話で空気読めない嫌われ者として決定した貴史ですが、

この話でも引き続き貴史は独自路線を繰り広げます。

そうは言っても「高成がダメじゃん!」という線も否めない!

が、しかし、何はともあれ高成が童貞返上した大事な回です!

第8話のあらすじ紹介、行ってみましょう!

8話のあらすじ

今日こそは高成が里帆ちゃんとやれる!と思ってたのに

里帆ちゃんを貴史のちんぽフェラに取られてしまって意気消沈の高成くん…。

 

貴史のチンポをレロレロする里帆と智乃のお尻をぼんやり眺めながら、

ムラムラしてくる高成。

チンポはバッキバキ…。

強引に里帆を奪うことはできなかったけど、本能はおさまらない。

 

そしてついに、行動を起こす高成。

コンドームを装着すると、突き上げた里帆のお尻からスカートをまくり上げ

一気にパンツを下ろすと、自分のチンポを里帆の穴に突き刺した…。

 

が、入らない!

だってまだ里帆のマンコは受け入れる準備ができていなかったから…。

そう。まだ濡れてない!

高成の身勝手な欲望はここで撃沈!

 

ところが、更に追い打ちをかけるように貴史が

「おいっ!ちょっと待てって!まだ濡れてない!俺に任せろ!」

 

って、またまた空気読めない(笑)

そして、里帆のマンコをクンニしはじめ、

更に里帆には自分のチンポを咥えさせる始末…。

 

そんな貴史と里帆をただ見ていてることしかできない高成。

ふ・ふがいない…。

 

だからといって、勃起したチンポが収まる訳でもなく…。

 

そこへ貴史が

「もういいぞ!ほらっ!高成!」

 

あ~。ふがいない。

友達に用意周到してもらって挿入だけするなんて…。

 

でも、でも、

挿れないという選択はない!

いざぁ~!!!

挿入~!!!

って、それでもすんなり入らない(笑)

 

高成のドキドキぐだぐだ童貞喪失は本編で要チェック!

>>本編でチェック!

 

8話のおすすめポイント




この回のポイントは高成の心情ですねっ!

分かると言えば分かる(笑)

情けないけど…。

 

そもそも最初に「俺が里帆とヤル!王様ゲームとかなし!」って言えてればこんな風にはならないんだけど、こうなってしまったからにはただ見守るしかない…。

好きな女が友達のチンポをレロレロしてる。

お尻を突き出して…。

 

そのお尻…。

スカートをめくってパンツを脱がせれば、そこに里帆のマンコが…。

 

もう我慢できない。

そうだ!ヤル!やるんだオレ!

そんな高成の心の声が聞こえてきそうな場面でしたね。

 

そして忘れてはならないのが里帆の心情です。

里帆だって本当は高成が好き♡

貴史より高成とヤリタイ!(じゃ、貴史とするなって!)

 

全く持って優柔不断な2人。

 

でも紆余曲折あったもののようやく一つになれる2人。

里帆は一足先に処女を喪失済みなので

高成を優しくリード♡

ちょっとだけお姉さんな感じになりましたね。

 

貴史の空気読めないダメ男っぷりと、里帆と高成の優柔不断っぷりが歯がゆい展開ですがこれで全員が性欲まみれになったわけですね。

そして、4人はただのサルになりました(笑)

青春のエロとは暴走するものです。

これからますます暴走するエロが楽しみです♡

8話まとめ

要するに、こういうこと!

登場人物これまでまとめ
  • 高成:究極の優柔不断
  • 里帆:完全に流されセックスOKしちゃうもしかしてダメ女
  • 貴史:空気読めない身勝手男、ただし他意はない
  • 智乃:一人だけ全うな女の子。ただし性欲強め♡

暴走する青春エロがどこまでいってしまうのか

つづきは、第9話のお楽しみ♪

 

とりあえず、カラミざかりが気になったら無料試し読みからどうぞ♪

▼▼里帆ちゃんのオナニーシーンとしおりちゃんのオナニーシーン▼▼


>>第9話のあらすじを読む

error: Content is protected !!